保水力の高い化粧水特集|うるおいを長時間キープできるのはこれ!

保水力が足りないのは化粧水がすぐに蒸散するから?

たっぷり化粧水をつけているのに、どうして肌がカサカサになるの?
たっぷり手にとった化粧水で肌を保湿しても、時間がたつと肌がカサカサしてしまう…。年齢を重ねるたびに、よく感じることでもあります。
そして、その原因は、化粧水が蒸散してしまうことにあります。
肌の奥まで、保湿成分が浸透していない
潤いを閉じ込める角質層がスカスカになっている

化粧水を蒸散させないために、乳液やオイルなどの油膜で、肌表面に膜をはる、というスキンケアが主流となっています。使用感としては、お肌がしっとりし、もっちりとした感触を得られます。ですが、時間がたつとしっとり感がなくなり、カサカサしてくることも。これは、本当の意味でお肌が保湿されていないからなんです。肌に納められた化粧水が、蒸散されない状態を作れば、お肌は自然とイキイキしてくるんです。本来もっている「素肌美」をも取り戻すことができます。

では、保湿肌をキープするには、どのような化粧水を選べば良いのでしょうか?

保水力の高い化粧水を選ぶポイントは?

「浸透力」に優れている

浸透力とは、肌の奥まで、保湿成分や有効成分がしっかりと行き届くことです。そして、そこで効果を発揮してくれる、それが浸透力が高いということです。完全無添加系などでは、浸透しやすいローズ水などがあります。その他にも、保湿成分のナノ化や、皮膚と同じ構造でできている成分配合、など様々です。

角質層の「セラミド」を補給できる

肌の乾燥とは、角質層の間がスカスカになっている状態です。その隙間から、化粧水が蒸散してしまうのです。まず、角質層をセラミドで満たしてあげましょう。角質層が整えば、水分が蒸発しにくい肌を作ることができます。ヒト型セラミドが配合されている化粧水が特におすすめです。

潤いを溜める力を「高める」

外部刺激によって、コラーゲンはダメージを受けます。コラーゲンは肌内部でどんどん生成されていきますが、年齢を重ねるごとに、コラーゲンの生成力は低下し、ハリや弾力を取り戻すには補給するしかありません。コラーゲンを「補給」するだけではなく「生成をサポート」してくれる成分配合のものを選びましょう。


保水力の高い化粧水でおすすめできるのはこれ!

ディセンシア「アヤナス」がおすすめです!
長時間、保湿をキープしてくれる化粧水は「アヤナス」です!

浸透力に優れている・・・肌の深部にまで浸透するように、成分がナノ化されています。また、浸透先でほぐれていくので、角層の隅々にまで行き届きます。

角質層のセラミドを補給・・・本来人間がもっているセラミドである、ヒト型セラミドをナノ化しています。最も浸透しやすい成分であり、スカスカになった角層をしっかりと潤いで満たしてくれます。

潤いをためておく力を高める・・・潤いを留めるには、コラーゲンが必須です。コラーゲン生成をサポートしてくれるポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」を配合。ふっくらとしたしなやかなお肌に導いてくれます。ハリ・弾力が戻ります。
長時間の保湿を約束してくれる、どんな乾燥地でもしなやかな美肌に。ぜひお試しください。